So-net無料ブログ作成
検索選択

旬の食材 [趣味の園芸]

ゴーヤ、マクワウリ、カワチバンカン005s.jpg
夏の食材と果物

ここにきて、カーテン代わりにして栽培しているゴーヤが食べころになってきた。
あの、何とも言えない苦さが食欲をそそる。
お肉と一緒に煮ると、相性がよく、
すらすらと喉を通り越していく。
ゴーヤは、夏バテにもよくきくらしく、
食べたあとは、すごく元気がでてくるから不思議。



nice!(13)  コメント(0) 

リュウゼツラン [美しい花]

リュウゼツラン001s.jpg
 50年に一度しか咲かない、と、言われる、「リュウゼツラン」の花。

その昔、目黒区に長く住んでいた。
その当時、この花が咲いたのをみかけた記憶がある。
この「リュウゼツラン」は、50年に一度しか咲かない、と聞いた。
それだけに、開花した姿をみると、とても素晴らしく感じる。
今でも、その姿が目に焼き付いている。


nice!(13)  コメント(0) 

この時期に咲く花 [美しい花]

今、畑で咲き誇っている花がある。
それは、大型のヒマワリだ。
背丈、なんとニメートルを超えた。
漢字で書くと、「向日葵」
最近の人は、こんな漢字、知らない方が多くなった。
読めたとしても、書けない人もいる。
テレビ番組をみていると、その様子がよくわかる。
私は、まだ85歳だから、かなりの字は読み書きできているが、
そのうち、どんどん忘れてしまうのでは、と思っている。
つまらん事は、よく覚えているものだ。

キバナコスモス003s.jpg
 これは、キバナコスモスの花



ハグラウリ [趣味の園芸]

我が家の畑では、ちょうど今、千葉名産の「ハグラウリ」を栽培している。
ハグラウリの栽培をはじめたのは、今から20年ほど前である。
その頃は、東京の亀戸に住んでいて、畑は町田市の農園を借りていた。
だから、農作業に行く時は、朝4時過ぎの一番電車に乗っていた。
それでも、畑に着くのは7時半ころになっていた。
それから夕方まで作業をして家路につき、帰宅すると夜の9時。
その頃は、まだ若かったので、疲れもしなかった。
そんな中で、いちばん思い出になっている野菜といえば、「ハグラウリ」。
デカイのは、一つで二キロほどもあった。
この瓜の特徴は、柔らかくて食べやすいこと。

歯がグラグラしている人でも食べられる、という意味らしい。
その瓜を、これからは、「故郷、久万の名産にしたいと思い、栽培をはじめてみた。
作り方には、いろいろなコツがあるが、それほど難しいとは思わない。
そんな意味で、只今は、あちら、こちらに宣伝しながら栽培している状態だ。
そんなこともあって、たくさんできたら、「道の駅さんさん」に展示して、
試食しながら説明をしようと思っている。
ハグラウリ2,2キロs.jpg
 重さ二キログラムを振り切ったハグラウリ







ウバユリ [趣味の園芸]

我が家の庭では、ちょうど今、ウバユリが咲いている。
放っておくと、種が散らばって、あちら、こちらに生えてくる。
それに混じって、鉄砲ユリも増えている。
ウバユリの球根には澱粉があり、その昔は、カタクリの代用にしていたようだ。

ウバユリ023s.jpg
 ウバユリの花


夏に咲く花、鳳仙花 [美しい花]

ホウセンカ14s.jpg
 ホウセンカ

故郷の戻ると、昔懐かしい花によく出会う。
その一つが、「ホウセンカ」
毛根がたくさん出て、がっしりと枝葉をつける。
花の色は、赤と白が多い。
花は下から上に向かってどんどん咲いていく。
やがて実がついて、膨らんでくる。
この実が熟すとよく弾けるので、
これを遊び道具にも使い、投げ合い合戦にして遊んでいたが、
そんなことを思い出しながら、昔を懐かしんでいた。



ブルーベリー [果物]

直径14ミリ、ブルーベリーの実s.jpg
 ブルーベリー

ブルーベリー栽培をはじめて十年になる。
庭先の花畑に植えているので、管理は充分。
五本植えた中の二本が順調に育っている。
昨年は6キロほど収穫できて、近所にプレゼント
今年も成績はよく、そろそろ収穫がはじまる。
昨年できた実で、いちばん大きかった実は、
直径14ミリもあった。
今年は、それほど大きくはないが、まあまあの出来。
ボツボツ収穫できそうになってきた。




ゴーヤ栽培 [旬の食材]

庭先で栽培している野菜の中にはゴーヤがある。
今夜のオカズはそれに決めた。
ゴーヤは夏バテにもよく効くそうだ。
あの苦味が何とも言えない味がする。
最初のころは抵抗があったが、すぐに慣れた。
そして、あの苦味に惚れ込んでしまった感がある。
こうした野菜を、名づけて「香味野菜」というようだ。
味にクセのあるほど、惚れやすい。
ゴーヤ022s.jpg
 ゴーヤ


夏に咲く花「朝鮮ダリヤ」 [美しい花]

朝鮮ダリヤ031s.jpg
この時期目立つ花、といえば「チョウセンダリヤ」
我が家にも二株あって、ちょうど今、満開になっている。
花の色は、黄色。
畑と庭にそれぞれある。
背丈は二メートルほどあって、株もしっかりしている。




蛇やカエル [小さないきもの]

シマヘビ002s.jpg
 ヘビがトグロをまいていた。

野菜畑の中をかき分けて移動していると、
このところ、ヘビやカエルによく出会う。
また、土手に生えているチガヤをかきわけていると、
そこには、キリギリスやバッタなどがいる。
さらに雑草を引き抜いていると、そこからは、
ミミズやケラなどがとびだしてくる。
さらに多いには、モグラの通った土の盛り上がり。
最近では、トウモロコシが、めちゃくちゃに食いあらされた。
もしかしたら、ハクビシンのいたずらかも知れない。
そこで、試しに、トウモロコシをビニール袋で包み、
それを、ビニール紐で結んでみた。するとどうだろう。
それからは、トウモロコシの被害はなくなった。
しかし、まだ油断はできない。




メッセージを送る