So-net無料ブログ作成
検索選択

白花イカリソウ [美しい花]

イリソウ068s.jpg

 白花イカリソウが、ちょうど今、満開です。
普通のよりは背丈が低く、うっかりすると、見落としてしまうかも?
しかも花が小さいので、尚更です。


蛇が出てきた [爬虫類 有りん目 ヘビ亜目]

きのうは少し気温があがったせいか、庭先にヘビが出てきた。
ところで、我が家の庭には、いろいろな生き物がいる。
ヘビ、イモリ、ヤモリ、サワガニ、モグラ、等など。
庭木にやってくるのは、野鳥類。
夜中にでてくるのは、タヌキやイノシシなど。
小池には、小魚がいて、その周辺には、カエルなどがいる。
草むらには、コオロギ類。
そのほか小さな虫もいて、蜘蛛の仲間も多い。
すぐ近くを流れる川には、カモやアオサギなどもやってくる。
頭上ではウグイスが鳴き、メジロも集団でやってくる。
夜になれば、そろそろ、フクロウなどの猛禽類がやってくる。
カラスや鳩などは、四六時中飛び回っている。
このところ、近所の奥さんが、除草剤を散布しはじめたので、
少し、生態系が変わりつつある。へたに注意すると、あとが怖い。


季節の花 [植物]

今から半世紀ほど前、各地で竹に花が咲いた。
そこで、昔の人は言った。
「竹に花が咲くと、大飢饉になる」と。
あまり嬉しいことではない。
油断していると、大変なことになる。
自然をよーく観察し、事前対策を講じておいた方が良い。


季節の花 [植物]

ハナ1.jpgs

花4s.jpg

 この時期散歩をしていて目に付く花、といえば、まず、水仙。
水仙は花の色が黄色や白色が多いので、よくわかる。
 中でも多いのがラッパ水仙だろうか。
球根で増えるので、どんどん場所をとられてしまいそう。


 
 



山野草展 [植物]

ツクシ料理準備中s.jpg
 ツクシ

一雨ごとに春めいてきている。
そこで気になるのが山野草。
雨後のタケノコではないが、
今はツクシがメイン。
タンボの畦や、土手などに生えている。
フキのとう等も見逃してはなるまい。

フキのとうRIMG0014s.jpg
  フキのトウ



育苗ハウス組立作業 [研究]

毎年この時期になると、稲の育苗ハウス組立作業がある。
作業開始は午前8時半。終了、午後3時半。
作業人員は男女あわせて20名前後。
作業を行った日は4月2日。
この日は、あいにくの小雨が降っていて、寒かった。
それに加え、三坂おろしの風が吹き、これには参った。

育苗ビニールハウス058s.jpg


育苗ビニールハウス051s.jpg

季節の花 [植物]

チューリップs.jpg
  チューリップの花

水仙s.jpg
  水仙の花

 これから庭の花畑がにぎやかになってくる。
今、満開になっているのは水仙の花。
 これについで咲くのはチューリップ。
きのうは小雨がぱらついたが、今日は晴れて気温が上昇中。
桜のつぼみが膨らんできた。
あちら、こちらで、桜の頼りが届いている。



 

桜開花情報 [植物]

桜の花s.jpg
 この写真は、四年前の3月30日に撮影したものです。

今年は、桜の開花が少し遅れている。
いつまでも寒さが続いているからだろう。
今から半世紀ほど前の気象によく似ている。
お正月に大雪が降り、僕たちの新婚旅行が予定通りにできず、
コース変更したので、よく覚えている。
すっかり歳はとってしまったが、気分は、まだまだ若いつもりでいる。
最近、若い人に騙されることが増えてきた。
そろそろ死ぬることを計算して、悪巧みをはかっているようだ。
しかし、そうした行いは、すぐに見破ることができる。
なめたらあかん、天罰という味方がいることを忘れないで。
つい、独り言を言ってしまった。これが現実です。
桜の花が待ち遠しい。


春の山菜

フキノトウs.jpg

 毎年、家の庭先には、ふきのとうが出てきます。
ところが、なぜか、今年はまだ出てきません。
この写真は以前に写したものです。
そろそろ出てくるでしょう。

十周年記念 [研究]

故郷にUターンして、早十年がすぎ、
ブログ書き始めて、十周年もすぎた。
毎日書き続けるのは至難の技。
何かの急用で数日出かけることもある。
故郷に帰る前、東京にいた頃もブログを書いていた。
それらを含めると、十年以上になる。
私が日記を書き始めたのは、小学校4年生の時。
作文も書いていて、賞をもらったこともある。
また、あるときは、作文をもとにビデオ作品をつくり、
それが受賞{下中記念財団」したこともある。
もう、遠い昔の話になってしもうた。
作品の一部は人に貸して手元にないものもあるが、
頭の中に刻まれた記憶は、どれも消えないで保存されている。




メッセージを送る