So-net無料ブログ作成
検索選択

AV機器のオーバーホール [機械]

趣味ではじめた野外録音だが、気がつくと、はや半世紀以上過ぎている。
次々とでてくる新機材も、すぐに買って使いこなしてきた。
しかし、ここにきて最初に買ったころの機材が中古になってきた。
このまま放っておくと使えなくなる。
そこで、きのうは、最初よく使っていたカセットレコーダーをOHしてみた。
機材のメカを分解してみると、アブラの切れかかりや、ベルト類の老化が進みかけていた。
これらは、今までにも、時々行ってきたので、手際よく手入れすることができた。
再度組み立て、動作テストしてみると、すべてOKだった。

  ソニーTC-D5M
カセットレコーダー外観s.jpg

  基盤
カセットレコーダー内部基盤s.jpg

  メカ部分
カセットレコーダーメカ内部s.jpg


  若いころは、あらゆる電子機器類の制作や修理も行っていたので、
これらの作業は、それほど難しい部類には入らない。



アマゴ焼き器制作 [機械]

  先週の日曜日(14日)は、大宝窯グループで「アマゴ焼き器」を制作した。
この日の主役は、「よろず屋」のMさん。

  使った材料は、町から出る廃材となった丸太や角材。
切ったり削ったり、穴をあけたりする。

  さすがプロだけのことはあって、やることは早い。
午前中に出来上がってしまった。

  これを使って、こんどの土日(20、21日)、アマゴ焼きをする。
場所はBG海洋センターの前。

  イベントの名称は、「林業祭り」
お天気もよさそうだし、今のところ心配なし。こちらにお出かけの節は、ぜひ、お立ち寄りを。


  アマゴ焼き器制作過程 
アマゴ焼き器制作s.jpg

アマゴ焼き器制作ー1s.jpg  

アマゴ焼き器制作ー2s.jpg

アマゴ焼き器制作ー3s.jpg

  アマゴ焼きに使う燃料は炭。
この炭も、我らのグループで焼いている。

  町から出る廃材を焼いて炭にしている。
そんなわけで、いつもよい炭が出来るとは限らない。

  廃材集めから炭になるまでの作業は、すべてボランテイア。
節約をモットウに、みな笑顔でがんばっている。




タイプライター   [機械]

RIMG0043タイプライター.jpg

RIMG0045活字.jpg

一時は隆盛をきわめたタイプライターも、いまはお蔵入り。
印刷屋さんも、新聞社も様変わり。

一般家庭に入りこんできたワープロも、もう古臭い。
さらに、オバケのようにデカかった電子計算機も、どんどん小さくなっていった。

トランジスターの登場で、リレーが引退。
さらにC-MOSの登場で、トランジスターも姿を消す羽目に。
それに加え、メモリーの進化は物凄い。

やがては動くハードデイスクも姿を消すだろう。
人間の脳を保存できればよいのだが、それは難しい。

私は、小学校3年のときから日記を書いているが、それは、今もなお続いている。
ところが、ある日、結婚してまもなくOに見られ、大喧嘩。
それからは、書く内容に変化をつけた。
見られて困るものは速記文字。
やがてはゴミになり、捨てられと分かってはいてもだ。

自動車の運転記録もこまめにつけている。
しかも、事こまかに。
この記録をみると、燃費や車の調子もよく分かる。
もちろん整備も自分で行うから、これ以上のことはない。

こうした記録は、あとになって、いろいろと役にたつ。
人それぞれに気性が違うから、おしつけはしないが、便利であることには違いない。
何が言いたいかというと、記録媒体が変化して、便利になったことじゃ。





大正時代の発動機 [機械]

久万高原町において、恒例の林業祭が行われている。
今年は40周年にあたるそうだ。
そこで、きのう見てまわったところ、面白いものを発見した。
それは、大正時代から昭和にかけて作られた発動機。
大小さまざまなものが展示されており、中でもおもしろいのがあった。
それは、レバーを切り替えると、20回転に1回しか爆発しないこと。
動輪が大きいから、余力がある。
マニュアル動作でも、2回に1回の爆発でことたりている。
実に見事な作品だ。
よくみると、これはアメリカ製。
いずれにしても、農業や林業に使われていたことは間違いない。
きょうも、つづいて展示されている。
きのうは撮影しかできなかったので、きょうは、このエンジン音を録音しようと思っている。

RIMG0055発動機.jpg

RIMG0059発動機.jpg

RIMG0060発動機.jpg

RIMG0062発動機.jpg




昔懐かしい「ハツドウキ」 [機械]

 

 古い屋敷の片付けをしていましたら、昔懐かしい発動機(ハツドウキ)が姿を現しました。戦前に制作されたものと思います。あちらこちらが錆びいますので、回す事はできません。この機械を使って籾摺りしたころが想い出されます。

 


メッセージを送る