So-net無料ブログ作成
検索選択
伝統文化 ブログトップ
前の10件 | -

縁起物 [伝統文化]

ダルマ2s.jpg

ダルマは縁起物として人気がある。
関東では、高崎のダルマが有名。
我が家にもひとつある。
これは、知人から頂戴したもの。
転んでも転んでも起き上がる。
長い人生の間には、こうしたことが幾度かある。


句碑、その2 [伝統文化]

句碑1s.jpg
 句碑

最愛の息子と別れて丸四年目がやってくる。
この句碑は、ちょうどその頃撮影したものだ。
写真を眺めていると、涙と共に思い出が湧き出してくる。





句碑 [伝統文化]

句碑s.jpg
 句碑

四年前の今日は、家内と二人で松山にいた。
この写真は、正岡子規の句碑である。
悲しい日々が続いていた一日の一コマでもある。
一人息子が入院し、病気見舞いをした帰り道、この句碑をみた。
悲しみに打ちひしがれたあとなので、内容は頭に刻み込まれていない。


44番札所菅生山大宝寺 [伝統文化]

きのうは、四国霊場、44番札所、菅生山大宝寺へお参り。
そのあと、参道入口から山門までの間に溜まっている残雪や落ち葉などを掃除した。
お掃除は二人で行ったが、終ってみると、すっかり日が暮れて、足元が暗くなりかけていた。
石の階段に溜まっている雪は、踏み固められ、スコップですくいあげるとかなり重い。
それらを片付けると、終わったあとは汗でびっしょり。
すがすがしい気持ちで、家に帰ってきたが、家についたころ、外は真っ暗になっていた。

  勅使橋付近
勅使橋RIMG9018s.jpg

  雪解け水
大宝寺の雪解け水RIMG9019s.jpg

  巡礼者
大宝寺参拝客RIMG9025s.jpg

  お唱えしていたお経は、
1=般若心経
2=弘法大師
3=光明呪

ひな祭り [伝統文化]

 ちょうど今、ひな祭りが、ふるさと旅行村で行われている。
古民家の中は、お雛様でいっぱい。その一部をご紹介する。


ひな祭りー1s.jpg

ひな祭りー2s.jpg

ひな祭り―3s.jpg

ひな祭り―4s.jpg

ひな祭り―5s.jpg

  さっと見てきたので、もういちど、ゆっくりみたいと思っている。

早くもお雛様が飾られている [伝統文化]

  先日のこと、温泉につかりに行った。
すると、そこのロビーには、早くもお雛様が飾られていた。

  ロビーに飾られたお雛様
ひな飾りRIMG0078s.jpg

  しかし、外は寒く、気温はマイナス8度。
まだまだ冬真っ最中。春遠からじ。

今なら自由に見られる山車 [伝統文化]

  いま、松山空港一階のロビー左方に、山車が二基展示されている。
山車の側には、詳しく書かれた説明板もおかれていて、内容がよくわかる。

山車2ツRIMG0027s.jpg


だんじり1RIMG0023s.jpg

だんじり1RIMG0030s.jpg

だんじり2RIMG0024s.jpg

だんじり2RIMG0031s.jpg


  山車の中には、太鼓そのほか、必要なものが。
山車に興味のある方は、なるべくお早めに。

巷でみつけた芸術作品 [伝統文化]

  お客様にみて頂くために飾られていた芸術作品。
まことにうまく作っており、心うたれた。

  それらを、ここで紹介する。
とくとご覧あれ。

  これは、木目込 という技法をつかって制作した作品
RIMG0003s.jpg

 以下6点は、動物。
RIMG0004s.jpg

RIMG0005s.jpg

RIMG0006s.jpg

RIMG0008s.jpg

RIMG0009s.jpg

RIMG0010s.jpg

  最初の一点を除き、あとの6作品は動物。
どれも、心温まる見事な作品といえよう。


お詫びと訂正。
以下の6作品は猫、と書いていたのですが、間違いとの指摘がありましたので、
訂正してお詫び申し上げます。6月27日。五六蜂さん、有難う。

俳句 [伝統文化]

  きのう用あって松山へ。
ぶらり旅していると、子規の句碑が目にとまった。

句碑1s.jpg

句碑s.jpg

  この句碑は、松山駅前右手にある。
さすがにうまい。

  そこで吾輩も一句

「ぶらり旅  そこで目につく  子規の句碑」     イッシー

おそまつ。ではまた。


年賀はがき [伝統文化]

  つい忘れがちなのが、年賀はがきの当選番号。
きのう調べてみると、たった一枚だけ当たっていた。

年賀状s.jpg

  とは言っても最低のもの。
切手シートくらいはもらえそう。

  年賀はがきも、この歳になると、50枚くらいになる。
若いころは300枚くらいは行き来していたが、

  70歳を越え、長年住みなれた東京を離れ、
ふるさと愛媛に戻ると、もう忘れられたも同然。

  しかも、2年続きの不幸があったので、
とたんに途切れてしまう結果になった。

  そこへきて、最近、どんどんお友達が亡くなっている。
自分だって、そろそろ旅立ちの準備中。

  そんな状況の中での年賀状
受けとったのも忘れ、当選番号だって、つい見るのを忘れていた。

  はて、みなさんは、どうだろう。
言われて気のつく何とやら。はい、さいなら。お元気で。



前の10件 | - 伝統文化 ブログトップ
メッセージを送る