So-net無料ブログ作成
検索選択
環境問題 ブログトップ
前の10件 | -

Uターン11年目 [環境問題]

21歳で上京し、53年東京で生活、再び故郷へUターン。
それから10年の月日が流れた。
その間に亡くなった人との別れの多さに驚く。
更に驚くことは、人口の現象。
吾輩も歳をとり、あと三ヶ月あまりで85歳を迎える。
今更悔いても致し方ないが、やはり都会の生活は素晴らしい。
田舎に戻ると、なぜか、よくいじめられることが多い。
ヤキモチ焼きが多いことにも気づく。
心が狭い、といえばごへいかもしれないが、まあ、我慢するとしよう。
因果応報、巻いた種は自分で刈り取ることになる。やれやれ。


自然が怒っている [環境問題]

昨日今日降っている雨は半端じゃない。河川は増水し、氾濫している。
降りしきる雨でニゴリ水。今、東京にいる兄は、さぞかしこの増水した川を見にいきたがっていることだろう。そんな姿が見えてくる。そのような事を思い出しながら、増水した川を眺めている。
その昔見にいった川は、茨城県の利根川。
洪水を橋の上から眺めていると、その水は段差になって増えていた。
それらに混じり、時には、家畜や壊れた家屋敷など様々。長く眺めていると、胸が踊ってくる。
時には、津久井ダムの放水を見にいったり、黒部ダムの放水も見に行った。
今思えば、もう遠い昔の話になってしもうた。



道具は大切に使うと、 [環境問題]

  道具は、大事に使えば、長持ちする。
今は手元にないが、以前使っていた車は、初代サニー。
昭和41年12月に購入。それから乗り続けること40年。
走行距離42万キロ。ついにクラシックカーの仲間入り。
当時は、新しい道路が開通するたびにパレードに出場していた。
そして、やがては、メーカーのお蔵入り。
この車の特徴は、運転しやすい。あまり故障しない、etc。
話かわるが、私が、東京にでて、はじめて載せて頂いた車は外車のビック。
所持者は、有名会社会長のものだったか、或いは、有名なオペラ歌手だったか。
忘れやったが、その当時は、仕事の上で、色々な外車に乗せて頂いた。

  初代サニー 私が、最初に愛用した新車
.002s.jpg

  お仕事の上で載せて頂いた外車(ビック)
009s.jpg

  現在は車社会になってしまったが、その当時は別だった。

.


初雪が降る [環境問題]

 昨日に引き続き、今日も雪が降った。
積雪三センチ。たいした雪ではないが、冬らしい景色にはなってきた。
 これで、完全に皇帝ダリヤはダメになってしまう。
早く対策をしなければ、このままでは冬越しは無理。
 

稲刈り始まる [環境問題]

 久万高原町は、見渡す限り金色の稲穂で埋まっている。

きょうは、しばらくぶりに晴れたので、あちら、こちらで稲刈りがはじまった。

 今年の出来具合をきいてみると、まあまあ例年並み、だという。

来週あたりには、新米をたべられるかも知れない。


稲刈りが終わったタンボ42s.jpg

人工の河川ー荒川放水路 [環境問題]

 私がふるさとにUターンする前までは、荒川放水路の話に関わっていた。
その後、どうなっているか、それが気になる。

 荒川放水路ができてからOO年。その荒川に恩返しを!という話に乗って活動していた。
つまり、それまでは、垂直護岸だったのを、緩傾斜堤防にする、という。

 この緩傾斜堤防部分に植える植生に関わってきた。場所はOO区側。
それが気になっていたので、今から2年前、調査に出向いてみた。

 すると、状態は極めて良好。これを見て、ほっと安心はした。
しかし、私もそう長くは生きられまい。元気なうちに、もう一度調査に行ってみたいと思っている。

自然保護活動 [環境問題]

  私は、昨日と一昨日の2日だけ自然保護活動に参加した。
参加している人たちは、その殆どがお年寄りばかり?。

 作業は、竹杭作り。それぞれが分担して行っている。
流れ作業で行うので、出来はかなり早い。

 とは言っても、竹杭の本数が多い。全部で一万数千本と聞いた。
この杭は、植樹した桜?などの苗木が倒れないよう添え木に使うらしい。


  決められた寸法に切った竹
寸法に切った竹RIMG0017s.jpg

  適当な大きさに割った竹
割った竹RIMG0016s.jpg

  割った竹の片方を尖らす加工
竹杭加工中RIMG0020s.jpg

  一束50本に束ね、それを1500本ごと山積み。
加工済み杭RIMG0020s.jpg

  一万一千五百本並べて山積みしたら、このくらいになった。
以上で、作業は完了。皆様 お疲れ様でした。
 

38豪雪を思い出す [環境問題]

  この雪は、いったい、いつまで降るのだろうか。それが心配でならない。
今年の雪をみていると、半世紀前に降った38豪雪を思い出す。

 あのときは、ボクが結婚した年で、しかも、新婚旅行に出かける寸前から降っていた。
今回もそれに似ている。しかも、もうすぐ、大切な旅行計画が近づいているからだ。

 だから、毎日が落ち着かない。あとは、運を待つばかり。
そんな思いをしている最中、また雪が降ってきた。


  以下5点は、久万山の雪景色
雪景色ー1s.jpg

雪景色ー2s.jpg

雪景色ー3s.jpg

雪景色ー4s.jpg

雪景色ー5s.jpg

  今回降った雪は、たいへん重く、竹やナンテンなどは、頭をうなだれている。
「参りました」 という感じ。

久万高原は吹雪 [環境問題]

  人間には自然治癒力というのがある。私はそれを信じて頑張っていたが、
看護婦さんが優しくしてくれ、その熱意に負け、病院にいく羽目になった。

 そこまではよかったのだが、病院から帰ると、熱は出る、鼻血はでる、咳はでる。
おまけに、咳をすると,しばらく目のまわりりに星がきらめく有様。
 
 お薬はごっそり出たが、どれ一つ飲む気がしない。
そんなわけで、昨夜はろくに眠ることができなかった。

 そんな状態でありながらも、今朝は早くからおきて仕事に着手。
買い物に行ったり、車の手入れなどを行った。

 そんなことをしていると、お天気は急変。吹雪と相成った。
一汗かいたあと熱を計ってみると、何と平熱に戻っている。

 こりゃしめた。やりかけの仕事ができる。
何とか今年中にはやりとげたい、と思っている。


綿雪が混じっている吹雪
吹雪の始まりs.jpg

野山に積もった雪
昨夜から今朝にかけて降った雪s.jpg

  自家用車の上に積もった雪
車の上の積雪s.jpg

  果たしてこの雪、このあと、どう変化するだろう。

雪に備えて、車の準備 [環境問題]

  そろそろ冬用のタイヤ交換をしておかなくちゃ。
そこで、きょうは、軽貨物車のタイヤ交換を行った。

  まず、後輪両方の車止めをしてから作業に入る。
前輪をジャッキアップし、それからタイヤを外す。

  あとは、タイヤのネジをゆるめ、タイヤ交換。
手馴れた人なら、あっという間に作業は終わる。

 これで、いつ雪が降っても大丈夫。
間に合わないときは、チエーンを装着する手段もある。
前の10件 | - 環境問題 ブログトップ
メッセージを送る