So-net無料ブログ作成
検索選択

待ち遠しい春 [風景]

雪花と渓谷RIMG0010s.jpg

 春はそこまで来ているが、なかなか気温が上がらない。
雨が降ったり、雪が降ったり、お天気が定まらぬ。
 福寿草は咲き、水仙のツボミも膨らんできた。
日が暮れればヤマアカガエルの活動盛ん。ニギヤカな声。
ツバキの花に群れるシジュウカラ。野鳥の活動はいまいち。
春の芽吹きは足ふみ状態か。


四年前の雪景色 [風景]

四年前の二月八日、久万地方に大雪が降った。
だから、そろそろ雪が降ってきてもおかしくない。
それに備え、前もって準備をしておかなくちゃ。
と、口では簡単に言えるが、いざとなると、そうはいかない。
そんな時に限って、大雪が降ってきたりする。
「備えあれば憂いなし」誰かが言った言葉だが。

雪1s.jpg
 四年前の写真、雪の降り始め




四年前の景色 [風景]

2013ー1月末の久万町-RIMG0001s.jpg
  4年前に写した久万町の風景

 東京から故郷にUターンして、はや10年が経過した。
そのとき頂戴した「タマテバコ」を開くと、パッと白髪になり、
よぼよぼの爺さんに変化。ありゃー、と驚いたが、もうあとの祭。
しかし、それほど変わっていないのが故郷の景色だろう。
高い山から故郷の景色を見下ろすと、昔とそれほど変わっていない。
つい先日のこと、同い年の人が亡くなった。
こんなことが多い今日は、高学歴の人にOOされることも増えてきた。
まあいいさ。そんなことする人にはOOOO。OOなことはないだろう。
そんなことを考えながら、四年前に写した久万町の風景を眺めている。







笛ケ滝公園の池 [風景]

笛ケ滝公園の池ー2s.jpg

 久万町役場の西方に「笛ケ滝公園」があり、その傍に池がある。
その名を「罵頭池」という。
池の面には浮草が繁茂し、じっと眺めていると、ひ鯉の姿をみることができ、
さらに、池西方には「チン」と言われる建物があり、そこで見学休憩することもできる。
秋口に池の土手を散歩すると、運がよければ虫の音も聞かれ、
日が沈み、夜も更ければ、時にはフクロウの声も聞かれよう。
昨年、この近くでロケをした。
しかし、テレビでオンエヤーされたのはゴク一部だけ。
人の話によると、ラジオでは長く放送されたようだ。
暦の上の大寒はもうすぐ。本当の寒さはこれからが本番。
あちら、こちらで、大きな滝のツララが見られよう。
氷上のアイススケートもそろそろ賑わうだろうし、ワカサギ釣りも。
さらに、御神渡りの現象も、そろそろ起こるだろう。
野外録音で全国を走り回っていた当時が、人生最大の喜びを感じていた頃だろう。



ご来光 [風景]

 ブログファンの皆様、あけまして、おめでとうございます。
この紙面より、年始の挨拶をさせて、いただきます。
本年も、できる限り、書き続けさせていただきますので、
ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
そろそろボケも始まりましたが、その点、お許し下さい。

ご来光s - コピー.jpg
ご来光

このご来光写真は、2012-1-1-7,02に撮影したものです。
東京在住のころは、いろいろな場所から、富士山のご来光を撮影していましたが、
ふるさとにUターンしてからは、休んでいます。
もっぱら、椅子に腰掛けて、テレビをみるのが趣味になりました。

 年始挨拶
自然から学ぶブログファンの皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。
一人一人皆様のところへご挨拶に行きたいところですが
この紙面をお借りして、失礼いたします。どうかよろしくお願い申し上げます。



柿と月 [風景]

ここにきて急に冷え込んでいる。
そろそろ大霜が降りそうだ。
柿はほぼ収穫し、残りの柿にカラスが群れる。

ハチヤ柿185s.jpg
 色づいてきた柿

紅葉前線 [風景]

古岩屋の紅葉004s.jpg
 昨年10月26日撮影した「古岩屋の紅葉

久万高原町の紅葉は、今年は少し遅れている。
ここにきて、気温が今ひとつ下がらない。
それに雨も加わって、暖かい。


紅葉前線 [風景]

北村の紅葉―8s.jpg
 北村の紅葉

私のふるさとは、菅生北村。
この部落の最奥に、「きららの森公園」がある。
ここの紅葉はとてもすばらしく、ドライバーの目をひくところでもある。
この写真は、昨年写したもので、とても美しかったので、取り上げてみた。





雪化粧した車 [風景]

その昔あった38豪雪を予想していたが、
今度の雪は、それほどでもなかった。
まずは一安心というところ。
それでも、きょう行った雪かきはしんどかった。
雪が湿っているので、スコップ一杯で軽く10キロはある。
きょうは半日しか作業はしなかったが、それでも疲れた。
年寄りの冷や水にならなければよいが。

  雪化粧した車
雪化粧した車RIMG8900s.jpg



銀世界の大川嶺 [風景]

お正月気分もとれ、やっと落ち着いてきた。
久万町の南方に聳える大川嶺は、現在、銀世界。
ここに何度雪が降ったかは分からないが、
そろそろ久万町にも雪が降ってきそうな予感がする。
空を仰ぐと、何か不気味な感じもする。
あの大雪が降った38豪雪を思い出す。
あれから既に半世紀が過ぎた。
歴史は繰り返す、とも言われている。
いまのところ、穏やかな天気がつづてはいるが、
そろそろ下準備をしておかなくてはなるまい。

  銀世界になった大川嶺
正月の久万風景RIMG8816s.jpg

メッセージを送る