So-net無料ブログ作成
検索選択

ツクシが出始めた [山野草]

昨夜から降り始めた雨で、ツクシがニョキニョキ出始めた。
しかし、なぜか、今年のツクシは小さくてひょろひょろ。
ここだけかも知れないので、別の場所も調べてみる必要がある。
只今、梅の花が満開。桜は、まだ蕾の状態。
本格的な春が、どんどん近づいてきている。



フキのトウが出始めた [山野草]

数は少ないが、フキのトウが出始めた。
そろそろ、ツクシもでてくるだろう。
これで気温が上がってくると、忙しくなる。
ゼンマイにワラビ、イタドリなど、次から次へと出てくる。
まさに、春遠からじだ。



秋の七草 [山野草]

 秋の七草の一つに、「オミナエシ」 がある。
家の庭では、今、オミナエシが咲きはじめている。花の色は黄色。

 昨年の春、種を蒔いたら、それが発芽し、順調に育っていた。
これらが全部咲き揃うのは、もうちょっと先になりそう。

  オミナエシ
オミナエシs.jpg

  

春の山野草 [山野草]

 今日は、久しぶりに快晴で、気温も上がってきた。
そこで山野草を参集し、料理をすることに。

 採集したのは、「チモト」(ネギ科」。物が小さいだけに手間がかかる。
あまり沢山食べるものではないので、このくらいにしてみた。

 チモトが生えている状態
ちもとー1s.jpg

  さっと水洗いし、根を切ったところ
ちもとー2s.jpg

  あらごしらえが完了
ちもとー3s.jpg


 お昼の段階で、ここまで。
料理にとりかかるのは、今夜。

出来上がった胡麻和え料理
ゴマ和えs.jpg

  味は上出来。食欲アップ。お次は、さて、何の料理にしようかな? おわり。

自然観察日記  7月7日 [山野草]

  昨日は、午後4時から久しぶりの仕事についた。
OO愛護班防災キャンプ小学生低学年、親子づれ10組。

  私の受持は、「食べられる野草探し」
最初は教室で、予備知識の話。

  その後野外に出て野草採集指導。
集めた野草は、全部で40種。

  夫々に名前札をつけ、覚えやすくする。
さらに、食べられるものと、そうでないものとの区別。

  一部はテンプラに。残りは煮て食べられるように。
こうした指示をだしておいてから帰路につく。


  採集した野草を地面に並べ、名札を付ける。
採集した野草s.jpg


季節の山菜   ゼンマイ [山野草]

  この時期、春の山菜が出盛っている。
しかし、料理して、すぐに食べられるものと、そうでないものとがある。

  きょうの出し物は、ゼンマイ。
まずは、下の写真をみてほしい。


  ゼンマイ (雄)
ゼンマイ雄s.jpg

  ゼンマイ (メス)
ゼンマイ雌s.jpg

  ゼンマイの新芽をみると、上の写真のようなものがみえる。
丸くてずんぐりした方はオスで、こちらは固くて食べられない。

  平たくて、薄っぺらな方は柔らかくて食べられる。
収穫は、葉が開かない、丸くてゼンマイ状のとき。

  茎の根元から折って収穫。
茹でて天日に干し、乾燥して保存する。

  冬場、何もないころ、料理してたべる。
ワラビよりは腰が強く、歯ごたえもよい。

イワタバコ  植物 [山野草]

  うちから車で10分ほど走ったところに「イワタバコ」が生えている。
それを見に行くと、ちょうど花盛り。

  昨年ほど多くは咲いていなかったが、それでも10株ほどは咲いていた。
花と葉を写してきたので、それを見ていただきたい。

水が滴りおちる断崖絶壁に生えている。
これは、主に葉の部分。
イワタバコ1s.jpg

  イワタバコの花。
花の数は少ないが、本当はもっと多い。
イワタバコ2s.jpg


  イワタバコ、とは、葉の形がタバコの葉に似ているところからきている。
別名、イワジシャ とも言い、野菜のチシャに似て、食べられる。

  滝の岸壁によく生えている。
そのほか、一年中水が滴り落ちているような場所にも。

  大きな葉では、長さが30センチくらいのもある。
山野草としても親しまれ、育てられている。

  育てるコツは、水を切らさない事。
水盤に水を張り、その中に石を置き、ミズゴケで育てることができる。







春の山野草 [山野草]

  あと10日ほどすると、ゴールデンウイークがやってくる。
野に山に、山菜とり、ドライブなどと忙しい。

 そこで目につくのが「イタドリ」や「タラ」。
湿った場所にいくと、「フキ」などもある。


  わが家の庭に咲いている「イカリソウ」の花。アップ
イカリソウ1s.jpg
  イカリソウ、その2  全体像
イカリソウ2s.jpg

  イタドリも芽がでてきた。  横から見る
イタドリ1s.jpg

  イタドリを上から見る
イタドリ2s.jpg

  タラの芽も出てきた
タラの芽s.jpg

  わからないときは、図鑑で調べてみる  その1
図鑑ー1s.jpg

  植物図鑑  その2
図鑑ー2s.jpg


  山菜とりで気をつけたいのは、毒草。
トリカブトやハシリドコロ。キンポウゲやイヌゼリなどもある。


ツクシ出盛る [山野草]

 ツクシの群生
RIMG0054ツクシ.jpgRIMG0053ツクシ群生.jpg

  1昨日降った雨と、急に暖かくなったせいか、ツクシが急に出始めた。
それも半端じゃない。

 上に掲げた写真をみれば分かるとおり、驚くほど群生している。
細くて短いけれど、食べるにはこのくらいがちょうどよい。

 例年にくらべ、ことしのツクシは出が遅い。
これからしばらくは山菜の出番がやってくる。


アマナの花が咲きました [山野草]

 お彼岸のきょう、畑の土手にアマナが咲いていました。
この花をみると、もう春だなあ、と感じます。

 アマナは群生していて、とても可憐な花を咲かせます。
花は、晴れると開き、曇ると閉じるようです。

球根は食用になるそうですが、小さいので、花を楽しむことにしましょう。 

RIMG0083アマナ.jpg
RIMG0084アマナ.jpg

 この仲間に 「ヒロハノアマナ」 というのがあります。
アマナより葉が広いのが特徴で、花の色は、少しピンクがかっています。






メッセージを送る