So-net無料ブログ作成
検索選択

シャクナゲ [美しい花]

RIMG0021s.jpg
 シャクナゲ

 これは、シャクナゲのツボミで、以前に撮影したものです。
この時期になると、もう、すでにツボミの状態になっている。
そして、やがては、美しい花を咲かせます。
久万町は、海抜600メートルもあるので、シャクナゲは咲き、
町中を散歩していると、意外と多く、栽培しているのを見かけます。



ケイト花 [美しい花]

今朝の久万地方は大霜。
朝の気温はマイナス3度。
バケツの水に薄氷が張った。
これまで咲き続けていた皇帝ダリヤも、この寒さでダウン。
すっかり霜でやられてしまった。
軒下に咲くケイト花は、何とか霜焼けせずにすんだ。
ケイト花RIMG0027s.jpg


ツバキの花 [美しい花]

RIMG0017s.jpg
ツバキの花

このツバキの花は、伊豆大島で写したものです。
ツバキの花には蜜がたくさんあり、
注射器を使うと、蜜はかんたんに採れます。


ケイトバナ [美しい花]

ケイトバナs.jpg
 ケイトバナの実

ケイトバナも、そろそろ終わりに近づいた。
種を収穫するなら、今がちょうどよい時期。
収穫した種を紙袋にいれ、データーをメモしておこう。
種を蒔く時期もメモしておくと、あとで役にたつ。


皇帝ダリヤの花が咲く [美しい花]

我が家の庭に「皇帝ダリヤ」を植えて10年が経つ。
花は毎年咲き、株は年々大きくなっている。
この皇帝ダリヤが話題になったのは、ミツバチ仲間から。
最初は九州のミツバチ愛好家から話が持ち上がっていた。
それが次第に話題となり、栽培の輪が北に向かって広がった。
そして、いつの間にかこの話は消えてしまっている。
だから、現在の様子はわからない。
しかし、我が家の皇帝ダリヤは毎年増え続け、現在は10本ほどになっている。
一本の先に咲く花の数は平均23個。
一個の花の大きさは、ダリャ位で、色は紫に近い。
とても可憐だが、心配なのは寒さに弱いこと。
霜が降りると、途端に萎れてしまう。
だから、時期をみて生け花にして楽しむことにしている。
RIMG0028s.jpg
  皇帝ダリヤの花




リンドウの花 [美しい花]

秋深まりつつある山野では、今、リンドウの花が満開。見頃を迎えている。

リンドウの花097s.jpg

 ススキの穂は出揃い、萩も満開。
耳を澄ますとカンタンの声が聞こえてくる。
「ルルルルル」と、連続して鳴く声を聞けば、夢の国。
「カンタン夢枕という言葉がある。
遠い昔をふりかえり、じっと目を閉じて、、、。




 

サギソウ [美しい花]

サギソウを幾度か栽培したが、いつのまにか消えている。
まだまだ研究不足。どこかに問題があるらしい。
ものが小さいだけに、見失うことがある。
サギソウとは、うまい名前をつけたものだ。
今年は、いまのところ順調に育っている。

サギソウ005s.jpg

キクイモの花 [美しい花]

この時期咲く花、といえばキクイモ。
遠くから見ると、ダリヤによく似ている。
花の大きさは、ダリヤよりは小さく黄色い。
キクイモは、背丈が高く、五メートル近い。
繁殖力が強く、放っておくと、どんどん増える
芋はジャガイモよりは小さく、数も少ない。
いちどはびこると、根絶が難しい。
料理次第では食べられる。


旬の花 [美しい花]

高砂百合003s.jpg

001s.jpg



最近、日本中を車で走ってみて、よく目に付く花、といえば、
まず、第一に目に付くのが「鉄砲百合」
それによく似たユリに「高砂百合」がある。
その見分けは、白とピンク
白が「鉄砲百合」で、ピンクが「高砂百合」だったように思う。
最近、物忘れがひどくなってきたので、間違っていたら、ゴメン。


 さぬきさん、花の名前を教えて頂き、ありがとう。只今、WIN-10にしてからは、コメント使用不能になっていますので、こちらで失礼いたします。しかし、外部からは使用できるんですね。
WIN-10、只今もトラブルだらけです。


メッセージを送る