So-net無料ブログ作成
検索選択

サヌカイト [鉱物]

讃岐に行けば見ることができる珍しい石です。
これについては、2008年2月5日のブログに書いています。
石の写真も、この石を叩いた音も載せています。
現物が欲しいお方は、讃岐まで行けば、多分入手可能かと思います。
私も小さな現物を購入しています。


  サヌカイトを叩いた時に出る音
サヌカイトを命名したのは、1891年、ドイツの地質学者「プアインシェーク博士」とある。





夏に咲く花 [美しい花]

ノウゼンカズラ002s.jpg
  ノウゼンカズラ

夏水仙009s.jpg
  ナツスイセン

 夏に咲く花といえば、いろいろあるが、特にめだつものといえば、
「ノウゼンカズラ」や「ナツスイセン」などがある。
ノウゼンカズラの花は、赤茶色をしていて、大きく茂るから、
遠くからでもよくみえる。
一方のナツスイセンは、薄いピンク色をしており、これもよく目立つ。
これは、球根で増えるので、毎年広がっていく。

 なんだかなあさん、コメントありがとう。
WIN-10にしてからは、欠陥だらけ。
写真とりこみも、プリンターも使えなくなりました。
お試し期間4ヶ月もすぎ、腹立つことばかり。
そこへもってきて、85歳。
あまり、難しいことは、しないことにしました。



 

夏の果物野菜 [趣味の園芸]

スイカ003s.jpg
  スイカ

024s.jpg
  マクワウリ

 夏野菜の中には果物もある。
いま、盛んに出回っているものは「スイカ」。
さらに、我が家の農園では、マクワウリやハグラウリもある。
ハグラウリとは、歯がぐらぐらしていても食べられる、という意味。
原産地は千葉県。かっては東京に住んでいたころ、町田農園を借りて栽培していた。
これを、久万高原町の特産にしたいと思い、普及をはかっている。





梅雨明け [暦]

桃007s.jpg
 桃

セミの抜け殻i010s.jpg
  セミのぬけがら

梅雨があけ、急に暑くなってきた。只今11時半。外の気温は30度。
畑で草引きしていると、汗がたらたら落ちてくる。
それでも、がまんして作業していると、肌着がぐしょ濡れ。
これいじょう作業を続けると、熱中症になりかねない。
日陰にはいり、水分をとることにした。
庭の柿の木では、盛んにアブラゼミが鳴いている。


パソコン修理 [研究]

emachines-4010-001s.jpg

パソコンが壊れると、いつも自分で修理している。
それができるのは、その技術が備わっているからだ。
まだパソコンのない時代に自分で組み立てた経験が、今でも役にたっている。
しかし、その後技術が進歩し、SPUが基盤化されてからは、手がつけられなくなった。
それ以外のメカニックなどは何とか手がつけられるが、
最近のものは、そう簡単にはいかなくなった。くやしいけれど。






季節の花 [美しい花]

梅雨が明け、夏本番がやってきた。

そこで目に付くのが、ひときわ目立つ「ノウゼンカズラの花」。

花の写真が出せないのが残念だが、おおよそ見当はつくだろう。

花の色はオレンジ。花びらは四枚。

次々と咲くので、ここしばらくは楽しめそう。

WIN-10にしてからは、何かと不便が生じ、いらだたしい。

昔とったキネヅカ [科学]

今から60数年前、私は、地元の定時制高校に入学
昼間は、町のラジオ屋さんへ勤め、夜は学校へ。
とにかく、寝る間も惜しんで勉強した。
それだけでは物足りず、いろいろな通信教育もうけた。
その甲斐あって、いろいろな資格もとった。
それらの中で、今でも役にたっているのが速記の技術。
近年では、録音機と併用して使うこともある。
そうした技術が役にたち、聞きダメ能力が発達した。
そのせいかどうかは分からないが、その能力が邪魔するときもある。
また、反対に、とても役にたち、ボケ防止にも役立っているようだ。





久万高原町の自然 [調査]

久万高原町には名所旧跡がたくさんある。
私は、今から10年前、東京から久万高原町にUターンした。
そして、翌年目から、この名所旧跡を全部調査した。
中でも重きをおいたのが音風景。
ところが、いちばん残念なことは、期待はずれ。
もっと自然が多いと期待したのがいけなかった。
それから10年が経過してみると、
こんなものだ、ということも分ってきた。
今考えてみると、住み慣れた江東区。
ここが、いちばん自然が多かった、ということを改めて認識した。

005s.jpg
  久万高原町の地図




ネジバナ [美しい花]

あちらこちらで、ネジバナの花が咲いている。

ネジバナは、右巻きと左巻きとがある。

また、花の色も、ピンクとシロがる。

場所によっては群生しているところもある。

グリーンベルトなどは、ネジバナの宝庫。

太平洋側のものより日本海側の方が、背が高いように思えた。

032s.jpg
  ネジバナの花






ゴーヤ栽培 [趣味の園芸]

我が家では、軒先でゴーヤを栽培している。
暑い日差しをうけても、これがあるために結構涼しい。
裏側からの眺めもよく、結構たのしめる効果もある。
花が咲いて結実し、日毎に大きくなっていくのが楽しみのひとつ。
なれてくると収穫の時期も分かってくる。

022s.jpg
ゴーヤの花


013s.jpg
ゴーヤの実

 ゴーヤの料理は苦いが、なれてくると、やみつきになる。



メッセージを送る