So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

昔人の言い伝え [自然現象]

昔の人は言った。
「ツイタチビヨリニミッカアメ、スギシイツカニ フランコトナシ」
「一日日和に三日雨、過ぎし五日に、降らん事なし」

この諺はよく当たる。
これに当てはめると、9月1日は晴れるが3日は雨。
もし3日に降らなければ、5日には、必ず降る、という説。

一年は12ヶ月ある。果たして今年の確率はどのくらい当たるだろうか。


スイカ栽培 [趣味の園芸]

 ことしは、スイカの苗を二本植えて栽培した。
そのうちの一本がよく育ち、実が二つ生った。
受粉してから35日がすぎたので、昨日収穫して試食。
糖度14くらい。甘くておいしかった。

001s.jpg
 このスイカの写真は昨年写したもの。


トマトジュース [旬の食材]

今年はミニトマトが豊作。とはいっても、全部野良生え。
紅く熟したものを収穫し、水で洗い、水切りをする。
これをジューサーにかけてドロドロの状態にする。
次は、砂糖と塩で味付け。反日寝かせて出来上がり。
かなり濃縮なので、味は濃い。
冷蔵庫にいれて冷やし、喉がかわいたら、水代わりに飲む。
夏バテにはもってこい。グイグイ飲める。


サギソウ [美しい花]

サギソウを幾度か栽培したが、いつのまにか消えている。
まだまだ研究不足。どこかに問題があるらしい。
ものが小さいだけに、見失うことがある。
サギソウとは、うまい名前をつけたものだ。
今年は、いまのところ順調に育っている。

サギソウ005s.jpg

トマトの皮むき [料理]

011s.jpg
ミニトマト、
包丁で十字に切り目を入れ、熱湯をかけると、皮が簡単に剥がせられる。
大きなトマトでも、このような小細工をすれば、なお一層料理がおいしくなる。
栄養面からいうと話は別ですが、お年寄りや、歯の具合いが悪い人には、これに限る。


キクイモの花 [美しい花]

この時期咲く花、といえばキクイモ。
遠くから見ると、ダリヤによく似ている。
花の大きさは、ダリヤよりは小さく黄色い。
キクイモは、背丈が高く、五メートル近い。
繁殖力が強く、放っておくと、どんどん増える
芋はジャガイモよりは小さく、数も少ない。
いちどはびこると、根絶が難しい。
料理次第では食べられる。


カメムシの話 [昆虫]

今から5年前の8月、神社の境内で珍しい昆虫を発見。
専門家の話によると、これは、「ヒラズゲンセイ」だという。
珍しい昆虫だったので、自分の標本にしようと思ったが、
大勢の方々に見て頂こうと思い、面河山岳博物館へ収めておいた。
それがきっかけで、その後、いろいろなカメムシに興味が湧いた。
最近では、ナス、トマトなどにつく白いカメムシ。
指でつぶすと、とてもよい香りがする。
トマトでは根元の方に、ナスでは、新芽の方に群がっている。
そのほか、最近、発見したのは、OOカメムシ。
これに近づくと、それは、信じ難い匂いがする。
危険なので、要注意。クワバラくわばら。



旬の花 [美しい花]

高砂百合003s.jpg

001s.jpg



最近、日本中を車で走ってみて、よく目に付く花、といえば、
まず、第一に目に付くのが「鉄砲百合」
それによく似たユリに「高砂百合」がある。
その見分けは、白とピンク
白が「鉄砲百合」で、ピンクが「高砂百合」だったように思う。
最近、物忘れがひどくなってきたので、間違っていたら、ゴメン。


 さぬきさん、花の名前を教えて頂き、ありがとう。只今、WIN-10にしてからは、コメント使用不能になっていますので、こちらで失礼いたします。しかし、外部からは使用できるんですね。
WIN-10、只今もトラブルだらけです。


ハグラウリ [趣味の園芸]

千葉県に行くと、「ハグラウリ」の生産が盛んだ。
この瓜は、歯がグラグラしている人でも食べられる。
それほど柔らかい瓜というところから、その名がついたようだ。
これを「久万の名産」にしようと思い、その普及をはかっている。
しかし、一部の人は生産を続けてくれているが、
未だにそれほど普及していないのが現状のようだ。
そこで、今考えているのは、「試食会」を度々やること。
イベントを行なうのは「道の駅」(天空の郷、燦々)。
それと、この瓜が、全国でも栽培されるようになれば、尚の事よいとも思っている。
一度食べ始めると、すぐやみつきになる。それほど美味しい瓜だ。




桃栗三年柿八年 [言い伝え]

昔の人は言った。
「桃栗三年柿八年云々」
それに当てはめると、今年は普通だろう。
昨年は、どちらも豊作で、お天気もそこそこに良かった。
今年は、例年より晴天の日が多い。
毎日空を眺めながら、そろそろ雨が欲しいと願っている。

栗017s.jpg
 昨年今頃の栗。


前の10件 | -
メッセージを送る