So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

待ち遠しい春 [風景]

雪花と渓谷RIMG0010s.jpg

 春はそこまで来ているが、なかなか気温が上がらない。
雨が降ったり、雪が降ったり、お天気が定まらぬ。
 福寿草は咲き、水仙のツボミも膨らんできた。
日が暮れればヤマアカガエルの活動盛ん。ニギヤカな声。
ツバキの花に群れるシジュウカラ。野鳥の活動はいまいち。
春の芽吹きは足ふみ状態か。


マンサクの花 [植物]

マンサクの花RIMG0001s.jpg

 この時期に咲く花、それは、マンサク
黄色な花で、地味だから、ややもすると、見逃してしまうこともある。
いまから十年ほど前は、よく新聞記者と行動を共にしていた。
それは、私が、自然観察指導員の資格をもっていたせいもある。
そのようなお陰で、故郷にUターンしてから数年は、毎日のようにでかけていた。



MRA画像 [研究]

RIMG0007s.jpg
 MRA画像

今から4年前、ある病院のMRAで、頭の先から足先まで撮影した。
これは、そのときの写真である。
ところが、これが、誰のものであるかわ忘れた。
まあ、それはそれとして、勉強にはなるだろう。
そのときの記憶では、私の脳は、60歳台だと説明してくれた。
現在、わたしの年齢は85歳。
どうして、それが分かるの?、と質問すると、
脳みそが、めいっぱいつまっている、と説明して下さった。
そう言われてみると、現在でも、3歳ころから、現在までのことが、
まるで、昨日のことのように思い出されてくる。
特に覚えていることは、嬉しいことよりも、悲しいことや、いじめられたこと。
さらに、苦しかったころの出来事は、まるで昨日のことのように覚えている。
最近では、老人をねらった詐欺行為的な出来ごとに遭遇。
しかし、これらは、騙されたふりして、相手の行動を観察している。



恒例の神社参り [風習]

RIMG0030s.jpg
 三島神社拝殿

きのうは、家内と二人で三島神社にお参りをしに行った。
すると、神社境内では消防車が訓練中。
そこで、お仕事の邪魔にならないよう、気をつけながら参拝。
諸々の無事を祈願して帰路に着いた。





句碑、その2 [伝統文化]

句碑1s.jpg
 句碑

最愛の息子と別れて丸四年目がやってくる。
この句碑は、ちょうどその頃撮影したものだ。
写真を眺めていると、涙と共に思い出が湧き出してくる。





句碑 [伝統文化]

句碑s.jpg
 句碑

四年前の今日は、家内と二人で松山にいた。
この写真は、正岡子規の句碑である。
悲しい日々が続いていた一日の一コマでもある。
一人息子が入院し、病気見舞いをした帰り道、この句碑をみた。
悲しみに打ちひしがれたあとなので、内容は頭に刻み込まれていない。


野鳥の餌 [野鳥]

南天に雪s.jpg

雪景色の中で目に着くものといえば南天の赤い実。
今年の冬は、雪がちょこちょこ降るので、この実がよく目立つ。
それだけに、この実が野鳥の餌となる。
そのため、日毎に実が減っていくのがよくわかる。
つい先日までは、相当赤く見えていたのに、
ここにきて、殆ど無くなった。


ボクが子供のころ、この実を使い、コブテという仕掛けを作り、
野鳥をよく捕獲した。
捕獲した野鳥は、しばらく観察したあと、逃がしてやっていた。




岩場の氷 [自然現象]

岩場の氷s.jpg
 岩場の氷

 二月の中旬ともなれば、かなり冷え込んでくる。
軒下のツララは長く伸び、あちらこちらの滝も凍ってくる。
これらの姿を撮影しようとカメラマンは右往左往。
足元が滑るので、要注意。そんな風景が浮かんでくる。

モールス信号 [研究]

小学校4年生のときに覚えた「モールス信号」
そのころは、電信機も制作して、よく使っていた。
ふと、それを思い出して記号に置き換えたところ、すべて覚えていた。
当時は、符号を言葉にして練習したので、脳裏に焼き付いている。
一般的には、トンツー、と言って覚えたが、
それよりも、言葉にしたものは、なかなか忘れるものではない。
例えば、イロハのイは、伊藤。ロは、路上歩行。ハは、ハーモニカ。
子供のころに覚えたものは、なぜか、なんでもよく覚えているものだ。
こんなことをやっていると、脳がさえてきたような気がする。


2017-02-10

杉丸太木炭s.jpg

2013年2月9日に炭焼き実験を行った。
これに使用した釜は、自家製のドラム缶。
内容量=180リットル。
この中へ、森林組合からでた杉丸太の端材をいれ、
じわじわと、とろ火で焼くのである。
燃やすのは、そう簡単ではない。
はじめトロトロ、中パっパ方式で燃やし、
煙の色が青くなってきたら、火を止めて、つぶすのだ。
このへんの作業が炭の出来不出来に関係する。
早く止めれば生焼けになり、遅くなれば、灰になる。
言うは易し、行うは難し、である。


前の10件 | -
メッセージを送る